プロミスはお金を借りるのも安心なカードローンキャッシング!

プロミスでキャッシングの申込方法

プロミスを利用したい場合は、まず申込条件に該当している必要があります。申込むための条件として、年齢20歳~69歳で、安定した収入のある本人…となっています。決して正社員でなければ申込むことができないというわけではなく、パートやアルバイトでも安定した収入があれば可能ですし、主婦であっても、ご主人に安定した収入があれば、申込むことができます。もちろん、審査によって借入可能かどうかが決定するわけですけどね。

申込む際に必要なものには、本人確認書類として運転免許証が必要です。運転免許証を所有していない方は、健康保険証・パスポートでも可能です。また、外国籍の方の場合は、在留カードまたは特別永住者証明書を本人確認書類と共に用意して下さい。法令によって有効とみなされる期間内であれば、外国人登録証明書でも可能ですよ。なお、本人確認書類に記載されている住所と、現在の自宅住所が異なっている場合は、国税もしくは地方税の領収書または請求書または納税証明書・社会保険料の領収書または請求書・公共料金の領収書または請求書・住民票のコピーまたは住民票の記載事項証明書…のいずれかの書類のうち、発行日から6ヶ月以内のものをコピーして用意する必要があります。そして、最初にも触れましたが、希望借入額が50万円を超える場合、または希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は、源泉徴収票・確定申告書・給与明細書のうち、いずれか1つの書類を提出する必要があります。源泉徴収票・確定申告書は最新のもの、そして給与明細書は直近2ヶ月+1年分の賞与明細書が必要です。

申込条件に該当し、そして必要書類を用意したら、申込みを行います。申込方法は、利用者にあわせて、パソコン・ケータイ・スマートフォン・自動契約機・三井住友銀行ローン契約機・プロミスコール(電話)・お客様サービスプラザ(店頭窓口)・郵送が用意されています。パソコンでは、24時間365日受付ており、いつでも申込むことが可能となっています。自動審査可能時間は午前9時~午後8時となっており、その時間内であれば、申込完了後、契約可能額がその場で判ります。自動審査が終わり、審査に承認された場合は、正式な契約可能額が決定しますので、指定の連絡先へ連絡が入ります。審査状況によって時間がかかることがありますが、最短で30分ほどで連絡がりますよ。その後、契約を行うのですが、パソコンで申込を行うと、Web契約・来店契約・郵送契約の3つの方法から選択することができます。Web契約では、契約内容をインターネット上で確認した後、希望があれば利用者が所有する口座へ最短当日内に振込まれます。そしてその後、契約書類・カードが自宅に郵送されるのです。Web契約の場合は、必要書類を携帯電話のカメラやスキャナなどを使って画像化し、プロミス指定のメールアドレスに添付して送る必要があります。来店契約では、必要書類を持って、自動契約機・お客様サービスプラザへ来店して契約を行います。カードが発行されますので、すぐにキャッシングを利用することができます。郵送契約では、契約書類とカードが自宅に郵送され、契約書類に必要事項を記入した後、必要書類のコピーを同封して返送します。プロミスが受領後、キャッシングの利用が可能となります。

ケータイで申込む場合は、自動審査なしの方法と、自動審査ありの方法の2種類が用意されています。自動審査なしの方法では、最小限の申込フォームに必要事項を入力し、審査項目を電話で確認されます。審査が終わり、審査の結果が連絡されます。自動審査ありの方法では、審査項目全てを入力して申込んだ後、自動審査によって契約可能かどうかをその場で知ることができます(自動審査可能時間は午前9時~午後8時)自動審査が終わり、審査に承認されたならば、正式な契約可能額が決まり、指定した連絡先へ連絡が入ります。その後は、パソコンの場合と同じで、Web契約・来店契約・郵送契約の3つの方法から1つを選び、契約を行って下さい。

スマートフォンでは、24時間365日いつでも申込むことが可能です。申込み完了後に自動審査が行われ、自動審査可能時間である午前9時~午後8時内であれば、その場ですぐに契約可能額が判ります。自動審査完了後、審査に承認されれば、正式な契約額が決まり、指定した連絡先へ連絡が入ります。その後は、その後は、パソコンの場合と同じく、Web契約・来店契約・郵送契約のなかから1つを選び、契約を行って下さい。

自動契約機では、誰にも会うことなくスムーズに申込むことができ、およそ30分ほどで手続きが完了します。申込む場合は、必要書類を持参して自動契約機へ訪れ、タッチパネルを使って案内どおりに手続きを進めていきます。申込内容を基にして審査が行われ、その場で審査結果を知ることができます。審査に承認されたばあいは、契約可能額も知ることができますよ。その後、正式な契約を行い、契約完了後は、その場でカードが発行され、すぐにでも利用することができます。なお、自動契約機の受付時間は、午前9時~午後9時となっており、土曜日・日曜日・祝日でも利用することが可能です。

三井住友銀行ローン契約機では、全国にあるSMBCローン契約機から申込むことができ、自動契約機と同様、誰に会うこともなく、申込みをすることができます。およそ30分ほどで全ての手続きを完了することができますよ。受付時間は午前9時~午後9時となっており、土曜日・日曜日・祝日でも利用することが可能となっています。申込む場合は、必要書類を持参して、SMBCローン契約機へ訪れ、案内に従ってタッチパネルで手続きを進めていきます。申込んだ内容を基に審査を行い、審査結果はその場で知ることができます。審査に承認された場合は、契約可能額もすぐに判りますよ。その後、正式な契約を行い、契約完了後は、その場でカードが発行され、すぐにでも利用することができます。

プロミスコール(電話)では、固定電話でも携帯電話でも送料無料で利用することが可能です(フリーダイヤル)電話をかけ、名前・生年月日など審査に必要な項目が質問され、それを基に審査が行われます。内容を確認した後、審査が行われ、審査に承認されたならば、契約可能額を知ることができます。正式な契約可能額は、だいたい30分~1時間ほどで連絡がありますが、審査状況によってはそれ以上の時間がかかることがあります。プロミスコールによる申込みの場合、契約方法は、来店契約・郵送契約が用意されています。契約の流れは、パソコンによる申込の項目に挙げた流れと同じです。なお、プロミスコールの受付時間は、午前9時~午後9時となっており、土曜日・日曜日・祝日でも利用することが可能となっています。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)では、判らないことを担当者に質問したり、相談したりしながら申込むことができます。お客様サービスプラザへ足を運ばなければなりませんが、初めてキャッシングを利用する方や、判らないことが多くて不安な方にはピッタリではないでしょうか。お客様サービスプラザにて申込む場合は、必要書類を持参して来店し、審査に必要な項目について担当者から聞かれます。審査に必要な項目を確認した後に審査が行われ、審査に承認された場合、契約可能額が伝えられます。そして、無理なく利用することができるよう、サービスや商品についての説明が行われ、その後、プロミスカードを受け取り、すぐに利用することができますよ。なお、お客様サービスプラザの受付時間は、午前10時~午後6時となっており、平日のみの利用が可能です(一部の店舗では、平日午後8時まで、または土曜日・日曜日・祝日でも午後6時まで営業しているところもあります)

郵送での申込みは、誰にも会わずに、そしてインターネットをすることができない方でも申込むことが可能となっています。全国にある自動契約コーナー・プロミスATMコーナー・お客様サービスプラザに設置されている申込書を入手するか、プロミスコールやインターネットにて申込書を請求して取り寄せるなどをして、必要事項を記入し、本人契約書類のコピーと同封して返送します。その情報を基に審査が行われ、指定した連絡先にその審査結果の連絡が入ります。もし、審査に承認されたならば、契約書類とカードが自宅へ郵送され、希望する方のみ、利用者が所有している口座へ最短当日振込みされます。

また、プロミスを初めて利用する方のうち、30日以内にポイントサービスを申込むと、30日間無利息サービスがプレゼントされます。この30日間無利息サービスによる無利息期間は、ポイントサービスを申込んだ時点の利用者の利用状況によって異なりますので注意が必要です。初回の借入前にポイントサービス申込んだ場合は、初回借入翌日から30日間、初回借入後にポイントサービスを申込んだ場合(Web契約で振込を希望し、契約時に借入れした方も含む)は、ポイントサービスを申込後の初回返済翌日から30日間(完済した場合は、再び借入れした際の翌日から30日間)なお、無利息期間中に返済日がある場合、残高に応じた返済を行う必要がありますが、この返済分の金額は、元金に充当されます。更に、無利息期間中に返済日通りに返済しなかった場合…つまり返済を滞ってしまった場合や、その他の事情によっては、無利息期間のサービス提供が停止することがありますので注意して下さい。

関連記事

  • プロミスの返済方法
    プロミスの返済方式は、残高スライド元利定額返済方式となっています。残高スライド元利定額返済方式というのは、最終借入残高から、約定額(最低額)がスライドしていく返済方式で、借入残高によって約定額は変化し...
  • プロミスのキャッシング借入方法
    プロミスでは、利用者の都合に合わせて、複数用意された方法から借り入れることが可能です。現在、プロミスで用意されている借入方法には、パソコン/ケータイ/スマートフォン・プロミスコール(電話)・お客様サー...